ロードスター買取相場・高額査定のポイント

MENU

【マツダ】ロードスター買取査定の相場価格とは?

ロードスターの買取価格に期待している人も多いのではないでしょうか。長年マツダのオープンスポーツカーとして親しまれている車で、国内だけでなく海外でも人気があるので、高額査定で高値売却の可能性が高いと思っている方は多いはずです。

 

しかし、大事に乗り続けてきた愛車を売却する際は、近くの中古車店やディーラーでの買取査定は損をしてしまうことも考えられます。ここではロードスターの年式別平均買取価格や高額査定の秘訣をまとめていますので、高く売りたい方は参考にしてみて下さいね!

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

ロードスターの魅力・特徴

 

初代ロードスターが発売された当初は、コンパクトサイズのフルオープンスポーツはほかにはなく、発売初年に国内で約9,300台、さらに翌年は世界で約94,000台もの販売を記録したほどの人気車種になっています。そして、2015年に発売された現行モデルの4代目は、魂動(こどう)デザインとSKYACTIV技術を搭載し、3代目モデルに続いて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

 

また、軽量化により軽快な走行性が実現され、しなやかな運転性、そしてキレの良いコーナリングなど、快適なドライビングに必要な要素があり、スポーツカー好きなユーザーから高い評価を得ています。

 

新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
1989年

~1998年8月販売終了

24万~318万円 169万~340万円
1998年

~2005年8月販売終了

11万~218万円 160万~257万円
2005年

~2015年4月販売終了

35万~230万円 220万~325万円
2015年~生産中 120万~354万円 250万~369万円

 

マツダのスポーツカー「ロードスター」の中古車は平均価格110万円、平均走行距離7,5万キロ、平均年式H16年(2004年)の車輌が市場に流通しています。初代から現行モデルまで平均的にタマ数が揃っており、初代ロードスターの走行距離が少ない車両が100万円〜150万円の価格で取引されているケースもあります。

 

そして、現行モデル2015年式、1~4万キロ走行車は、総額190万円から購入することができ、新車価格に手が出せない方も、良質なロードスターを手にすることもできます。

 

年式別買取相場

 

年式 買取相場
2017~2016年式 110~200万円
2015年式 65~160万円
2014年式 98~160万円
2013~2010年式 40~140万円
2009~2008年式 20~100万円
2007~2005年式 10~78万円
1998年モデル 4~80万円
1989年モデル 6~14万円

 

ロードスターの平均買取価格は80万円で、平均売却期間12年、平均走行距離6,5~7万キロとなっています。使用年数が長いにもかかわらず、走行距離が少ないというのが特徴で、大事に乗られてきたユーザーが多いということが分かります。そして、初代から今なお続く人気車種であることから、中古市場でもとても人気があります。

 

さらに、ガリバー査定ではトヨタ86よりも上位につけるといった実績で、高年式、低走行車のロードスターなら、かなり高額買取が期待できます。また、年式が古くても状態が良ければ、高値査定の可能性もあります。

 

ロードスター高価買取ポイント

 

  • NBやNAは1,8リッターの方が平均的には高価買取
  • NCEC以降は、RHTのMT車が高額査定

 

中古車店はそれぞれ、注力している車種がありますので、マツダのロードスター買取査定の際は、一般の中古車買取店よりもスポーツカー、オープンカー専門店での査定がおすすめです。そこで、一括車査定サイトなら、複数社の買取業者から見積もり価格を知ることができ、そのなかで最も高額な金額提示した業者へ、ロードスターを売ることができます。

 

業者のなかにはスポーツカー専門店も含まれていますので、少しでも高く売りたい方にはおすすめの売却方法になります。もちろん手数料は無料で、自宅に居ながら大事な愛車を手放すことができます。