アウトランダー買取相場・高額査定のポイント

MENU

【三菱】アウトランダー買取査定の相場価格とは?

三菱のアウトランダーは高価買取してもらえるのか?メーカーのなかでも人気の高い車種になりますので、売却を考えている人にとっては期待したいところですよね。しかし、ディーラー下取りや近くの中古車店で査定、見積もりしてもらい、何気なく売ってしまうということになれば損してしまうことが考えられます。

 

大事に乗ってきた愛車を高く売るならまずは、買取相場を知っておくことが大事です。ここではアウトランダーの年式別平均買取価格や高値査定の秘訣をまとめていますので、乗換、買換え、手放す方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

アウトランダー(三菱)の魅力・特徴

 

2005年に発売したアウトランダーは、三菱自動車の代表的な人気車種で、現行モデルは「衝突被害軽減ブレーキシステム」や安全技術「e-Assist(イーアシスト)」が導入、環境対応車普及促進税制の対応車となっています。また、プラグインハイブリッドEVシステムを搭載した「アウトランダーPHEV」も2012年に発売され、低燃費性能は高く評価されています。

 

新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
2005年~2012年 19~148万円 199~319万円
2012年~ 95~299万円 266~348万円

 

アウトランダー中古車は平均価格110万円、平均走行距離6万キロ、平均年式H22年(2010年)の車輌が市場に流通しています。タマ数は前期モデルが3分の2を占め、走行5万キロ以内が60万~140万円台で購入することができ、グレードや走行距離、価格などニーズに合わせて選ぶことができます。

 

また、高年式、走行1万キロ未満になると240万円~280万円台と新車価格とあまり変わらない相場となっています。

 

年式別買取相場

 

年式 買取相場
2017年式 175~215万円
2016年~2015年式 100~195万円
2014年~2012年式 65~150万円
2011年~2010年式 45~120万円
2009年~2005年式 15~90万円

 

アウトランダーの平均買取価格は75万円、平均売却期間9~10年、平均走行距離8~9万キロとなっています。PHEV車の流通が増加したことにより、ガソンリン車のアウトランダーは、下落傾向としていましたが、それ以降は安定した相場となっています。

 

そこで高年式、低走行車は高額査定が期待でき、年式が古くても走行距離が少なければ高値売却が期待できます。アウトランダーを少しでも高く売るなら、5年落ち、5万キロ走行以内で一度査定見積もりしてもらい、売却検討してみると良いでしょう。

 

アウトランダー高価買取ポイント

 

  • 人気グレードは、初代は「20G」「24Gプレミアム」「30G」、2代目は「20G」「24Gセーフティパッケージ」
  • 人気ボディーカラーはホワイトパールとブラックマイカ

 

ミドルサイズのSUV車は、アウトドア好きな若者から人気が高く、中古車市場で需要がありますので、三菱のアウトランダーについても高価買取が期待できる車種となります。年式、グレード、走行距離、カラーによっては価格は異なりますが、状態が良ければ納得の価格で手放すことが期待できます。

 

しかし、相場よりも高く買取してもらうなら、一括車査定サイトの利用がおすすめです。下取りや1社のみの買取店での査定と比べても、10~30万ほどの査定額の差があるといった口コミがいくつか見られ、複数社の見積もりは価格競争により最高額を引き上げるメリットがあることがわかっています。

 

時間、手間をかけずに満足の価格で愛車を売ることができる大変、便利なサービスで、近年、多くの人が利用しています。