インプレッサG4買取相場・高額査定のポイント

MENU

【スバル】インプレッサG4買取査定の相場価格とは?

中高年層から人気の高い車種と言えばセダンがあげられますが、そのなかでスバルのインプレッサG4についても、購入者は60代が28.4%。次いで50代が25%、70代が14.1%と60代以上だけで40%超えています。そこで、買換えや乗り換え、免許返納により手放す方などそれぞれの事情により売却を検討している方もいることでしょう。

 

ここでは、インプレッサG4の年式別買取相場や高額査定の秘訣をまとめていますので、買取査定を近々予定している方は、その前にぜひ参考にしてみて下さいね!愛車売却の際に、平均の買取価格を知っておくことは損しないためのポイントでもあります。

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

インプレッサG4(スバル)の魅力・特徴

 

次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用した最初のモデルが、2011年に登場したインプレッサG4になります。「G4」のサブネームは日本国内のみであり、海外では「インプレッサセダン」、または「インプレッサ4ドア」の名称で販売され、国内のみならず海外からも需要のあるスバルの車種になります。

 

ダイレクトなハンドリングと、アイサイトや歩行者保護エアバッグなどの世界最先端の安全性能を標準装備し、エンジンは伝統の水平対向エンジンを採用。1.6Lと2.0Lの2種類、駆動方式には2WDとAWDの2種類を用意!スポーティーな走りを楽しめる4ドアセダンになります。

 

新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
2011年 32万~164万円 156万~246万円
2016~生産中 118万~240万円 193万~262万円

 

インプレッサG4の中古車は平均価格110万円、平均走行距離4,5万キロ、平均年式H25年(2013年)の車輌が市場に流通しています。年式にこだわらなければ、走行3万キロ以内のインプレッサG4が、支払総額60万円台から購入することができます。逆に年式にこだわるのであれば、2016年式、1,3万キロ走行車が110万円台から購入することができます。

 

タマ数は、2019年現時点では約200台ほどですが、これから売却する人が増えることが予想されますので、そうなると更にお手頃な価格で手に入れることができるかと思われます。

 

年式別買取相場

 

年式 買取相場
2018年式 130~155万円
2017年式 90~155万円
2016年式 40~155万円
2015年式 40~100万円
2014~2013年式 15~85万円
2012~2011年式 10~50万円

 

インプレッサG4(スバル)の平均買取価格は80万円、平均売却年数5年、走行距離5万キロとなっています。中古車市場でも高い人気を誇るインプレッサG4は、状態が良ければ高額査定で高値売却が期待できます。また、走行距離が長く年式が古い車両も、インプレッサG4は海外からも需要が高いので、海外への販路がある買取り業者では高値売却の可能性もあります。

 

スバルインプレッサG4高価買取ポイント

 

  • 人気グレードは「2,0i-Sアイサイト」「2,0i-L アイサイト」「1,6i-L アイサイト」
  • ボディカラーはブラックやホワイト、シルバーは幅広い世代から人気

 

リセールバリューの高いインプレッサG4は、中古車市場で需要があるので、高価買取が可能なスバルの車種になります。しかし、1社だけの買取査定やディーラー下取りでは損をしてしまうことも考えられます。そこで、インプレッサG4を買取相場よりも高く売るなら一括車査定サイトの利用がおすすめです。

 

特にセダン専門の中古車店にとっては欲しい車の一つになりますので、複数の買取業者が競い合って高額金額の提示が期待できます。交渉が苦手な方も必然的に、愛車を高値で売却することができます。