シャトル買取相場・高額査定のポイント

MENU

【ホンダ】シャトル買取査定の相場価格とは?

現在、ホンダのステーションワゴン「シャトル」に乗っている方で、それぞれの事情により売却を考えている方もいることでしょう。そこで買取してもらう際は誰しも損したくないと思われている方は多いはず。そのためには、平均の買取価格を知って置くことはとても大事なことです。ここではシャトルの年式別の買取相場や高値売却の秘訣をまとめていますので、参考としてご覧下さいね!

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

シャトル(ホンダ)の魅力・特徴

 

2015年にフィットをベースに開発されたステーションワゴンのシャトルは、荷室を広く設けられていることが特徴で、レジャーや趣味を楽しむ車というコンセプトであるため、フィットとは方向性の違いがあります。そして4WDもラインナップされており、アウトドア用の車としても人気が高く、新車でも買いやすいリーズナブルな価格設定も魅力的です。

 

さらに用意されたエンジンは、1.5LのSPORT HYBRID i-DCDハイブリッドと1.5Lガソリンエンジンの2タイプでいずれも燃費性能が高い自動車となっています。また、2017年の一部改良で、安全性能が飛躍的に向上され、全車ホンダセンシング標準装備化となっています。2019年5月にはマイナーチェンジが行われてばかりです。

 

新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
2015年 85~260万円 177~196万円

 

ホンダシャトル中古車は平均価格175万円、平均走行距離2.5~3万キロ、平均年式H28年(2016年)の車輌が流通しています。各年式の中古車がラインナップされていますが、走行1万キロ未満の車輌が本体価格130万円台から取引されています。発売からまだ4年ですので、良質なシャトルが揃っていますので、年式、走行距離、価格などニーズに合わせて選ぶことができます。

 

年式別買取相場

 

年式 買取相場
2017年式 99~165万円
2016年式 95~160万円
2015年式 70~140万円

 

ホンダシャトルの平均買取価格は110万円、平均売却期間3年~4年、平均走行距離3~4万キロとなっています。ハイブリッドXやZであれば、5万キロ走行車も100~120万円で取引されているケースもあります。当然ながら走行距離が長くなれば値が下がってしまい6万キロになると90~80万円台、10万キロ以上になるとさらに50万円台と下降しています。

 

また、ガソリン車はハイブリッド車よりも多少、リセールバリューが高く、特に4WDは3年落ち3万キロ走行の車輌は60%以上とシャトルの全グレードのなかでもトップとなっています。そこでシャトルを少しでも高く売るなら、5年落ちになる前、また、5万キロ走行以内で一度査定してみて、それから売却検討してみると良いでしょう。

 

ホンダシャトル高価買取ポイント

 

  • 高価買取グレード「ハイブリッド X」「ハイブリッド Z」「1.5 G」
  • ホンダ センシング標準装備モデルは高めの買取価格
  • 人気ボディーカラーはホワイトパール・ブラック
  • 「スマートキー」「あんしんパッケージ」「インターナビ」などメーカーオプションはプラス査定

 

ステーションワゴンは中古車市場で人気があるためホンダのシャトルも需要が高く、高値査定が期待できる車種となります。そこで、買取相場よりも高く売りたいという方は、一括車査定サイトの利用がおすすめです。

 

複数社の買取業者が見積もりを出してくれますので、そのなかで最も高い価格提示のお店に売却することができます。簡単入力ですので手間なく愛車を売ることができ、大変便利なサービスとして昨今は多くの人が活用しています。