キャリイ買取相場・高額査定のポイント

MENU

【スズキ】キャリイ買取査定の相場価格とは?

軽トラックは、重たい荷物の運搬や農作業など様々な仕事に愛用されています。そこで、現在、スズキのキャリイの売却を予定している方は必見になります。どうせ売るなら少しでも高く買取してもらいたいというのが本音のところでしょう。

 

ここでは、キャリイの年式別買取価格や高値売却の秘訣をまとめていますので、近くの中古車店、ディーラー下取りを考えている方は参考にしてみて下さいね。

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

キャリイ(スズキ)の魅力・特徴

 

初代は1961年に発売され、現行モデルは2013年にフルモデルチェンジした12代目になります。1971年から2009年までは国内で販売されているトラックの車名別年間販売台数で39年連続第1位を獲得するなど実力のあるスズキの軽トラックになります。そして、マツダ「スクラムトラック」、日産「NT100クリッパー」、三菱「ミニキャブトラック」へOEMしています。

 

そこで、現行モデルは、5速MT、3速ATのほかに、AT車限定免許でも運転できる新トランスミッション「5速オートギヤシフト」を採用。予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能も充実しています。乗り降りがしやすいキャビンは、荷室が広いだけでなく、小物の収納スペースが多く使いやすさも定評があります。

 

キャリイ新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
1999年~2013年販売終了 3万~284万円 65万~102万円
2013年~生産中 35万~308万円 67万~223万円

 

キャリイの中古車は、平均価格68万円、平均走行距離3.5万キロ、平均年式H24年(2012年)の車両が市場に流通しています。総台数は3000台以上になりますので、高年式から低年式、低走行車から過走行車まで様々に出回っています。

 

現行モデルが半分を占め、年式にこだわらなければ2013年式、2万キロ走行車が支払総額59.8万円で購入することができます。また、新しい年式にこだわるなら、現行モデルの平均価格85万円で、マイナーチェンジ後の2018年以降の車両は100万円以上で取引されています。いずれもタマ数が揃っているので、年式、グレード、走行距離、状態などニーズに合わせてキャリイを購入することができます。

 

キャリイ年式別買取相場

 

年式 買取相場
2019~2018年式 45~90万円
2017~2016年式 35~60万円
2015~2013年式 18~50万円
2012~2011年式 10~45万円
2010~2007年式 5~30万円
2006~2002年式 5~15
2001~1999年式 3~10万円
1991年モデル 1~5万円

 

キャリイの平均買取価格は、45万円で平均売却期間10年、平均走行距離5~6万キロになります。軽トラックのなかでも人気の高いエブリイは、市場で安定した相場を維持しているのが特徴です。ただし、走行距離が長い、年式が古くなれば、どの車でもあるように価格が下がってしまうのは当然にあります。

 

そのためキャリイを少しでも高く売るなら5年落ち、3万キロ走行以内で一度査定してもらい、売却検討してみると良いでしょう。

 

スズキ・キャリイ高価買取ポイント

 

軽トラックのなかでも人気の高いエブリイは、市場で安定した相場を維持しています。広い荷台や頑丈な車体、使いやすさで、市場で確固たる地位を築いてきたスズキエブリイは、国内だけでなく国外でも需要があるため、高価買取が期待できる車種になります。特に4WDは高額買取が期待できます。

 

そこで、エブリイを買取相場よりも高値売却するには、一括車査定サイトの利用が必須です。市場で人気のあるエブリイは、1社だけの買取査定は損をしてしまうことが予想されます。

 

一括で見積もりを依頼することで、需要のある買取り業者が高額な価格を提示してくれ、そのなかで最も高い業者へ売却することができます。また、複数社の見積もり依頼は、業者間の価格競争により高額査定を引き出すメリットがあります。

 

そして、近年においては台風や地震などの影響により、水没、破損したキャリイの処理に困っている方もいるかと思われます。一括車査定サービスは事故車、廃車専門の業者も登録していますので、多少なりとも値をつけて売却できるのも注目すべき点です。