パッソ買取相場・高額査定のポイント

MENU

【トヨタ】パッソ買取査定の相場価格とは?

一般的に車買取価格は、年式やグレード、走行距離、状態により変動しますが、果たして愛車のパッソはいくらで売れるのか?気になる方もいることでしょう。ここでは初代から現行モデルのパッソの買取相場や高価査定の秘訣を紹介!買換え、乗り換えでディーラー下取りを検討している方は、参考としてご覧下さいね!特に車売却で損したくない人は必見ですよ!

 

※こちらで提示している価格は、様々な買取比較サイト等の参考をもとに独自で算出したものになっています。

 

パッソの魅力・特徴

 

トヨタが販売するハッチバック型コンパクトカーで、2004年に販売されて以降、2010年にフルモデルチェンジ、2016年に3世代目にあたるM700A型が現行車両で、2018年にマイナーチェンジされています。そして、現行のパッソは、最小回転半径が魅力の一つで、一般的な軽自動車レベルの4.6メートルを実現し、取り回しの良さに優れているのが特徴です。

 

また、衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」採用により、不慮の事故に備えることができるほか、燃費性能も優秀としています。軽自動車からの乗り換えや初めて購入するクルマとして選ばれることが多く、特に女性に人気な自動車となっています。

 

パッソ新車価格・中古車相場

 

年式モデル 中古車相場 新車価格
2004年モデル

2010年2月販売終了

4.8万円 ~ 41万円 94~144万円
2010年モデル

2016年4月販売終了

5.5万円 ~ 99.7万円 100~165万円
2016年モデル 56万円 ~ 175.9万円 115~183万円
2018年マイナーチェンジ 50万円 ~ 172.5万円 117~186万円

 

中古車市場の流通台数は、2016年年式が最も多く、次いで2010年年式が多く出回っています。走行距離と年式により価格帯には幅がありますが、格安から100万円以上の車体まで、予算と条件に合わせて選ぶことができます。

 

年代別パッソ買取相場平均

 

年式 平均買取相場
初代(XC10型2004年~) 4~45万円
2代目(XC30型2010年~) 6~64万円
3代目(M700A型2016年~) 50万円 ~ 110万円
3代目マイナーチェンジ(2018年~) 67万円 ~ 111万円

 

3代目となるパッソは2016年からの現行モデルで、販売されて間もないことから高値査定が引き出しやすく、2017年式、走行距離0.4万キロで95万円買取実績があります。そして2018年マイナーチェンジの4代目は、販売期間も浅いことから売却する人は少なく、更に高額査定が期待できます。

 

また、2代目についても2012年式、走行距離10万キロでも1.0+Hanaなら15,5万円、1.3+Hanaであれば19,5万円の値がつき、過走行でもグレードにより高値売却が可能です。さらに初代の特別仕様車は少ないので高価買取が期待できます。

 

パッソ高価買取ポイント

 

  • 人気のグレードは、「1.0プラスハナ Cパッケージ」「1.0X Lパッケージ」「1.0X クツロギ(特別仕様車)」「1.0プラスハナ4WD」「X クツロギ4WD」
  • 人気のカラーはホワイト系、ブラック系ですがパステルカラーも相場安定
  • オプション(現行モデル)「LEDパッケージ」はプラス査定

 

年式やグレードや走行距離の違いで、トヨタ パッソの買取価格はかなり変動し、売却までの平均年数は8年、平均走行距離は7万キロ前後としています。そして、5万キロ〜10万キロまでの値崩れが少ないので、この間の売却がお得となっています。

 

そこで、1年落ち、3年落ち、5年落ち、7年落ち、10年落ちのパッソ高価買取してもらうためには、下取りよりも買取専門店の方が高額査定が期待できます。そして少しでも愛車パッソを高く売りたいのであれば、車一括査定サイトの利用が必須です。無料で複数社の見積もりを依頼することができ、最高額を提示した買取業者に売却することができます。