クラウン購入の年収・年齢層

MENU

クラウン購入の年収・年齢層まとめ

国産高級車の代表格と言えばトヨタ自動車が製造・販売しているブランド車種である「クラウン(CROWN)」を必ずと言っていいほど挙がってくると思います。歴史も1955年と古く、信頼性・耐久性においても優れていますので、社用車などで利用されている企業も数多くあります。

 

さて、今回はクラウン購入の年収相場や年齢層に関するテーマで解説していきたいと思います。トヨタ自動車のファンであれば一度は愛用車として乗ってみたいと考えるのは当たり前だと思います。それくらい格式が高いですし、憧れを持つ価値の高い商品であると言えるでしょう。20代、30代で乗るのは早いのか?40代・50代・60代にならないと身の丈に合わないのか?など年齢や社会的な地位を考慮して選ぶユーザーもいると聞きます。購入前の参考としてチェックして頂ければと思います。

 

人気車種まとめ

 

  1. クラウンマジェスタ
  2. クラウンアスリート
  3. クラウンロイヤル

 

概ね3種類に分かれて販売されています。他にもコンフォート、セダンなどもありますが、一般的な用途でクラウンを購入するとなると上記から選ぶことになるでしょう。マジェスタFバージョン、ロイヤルサルーンG、アスリートSi-Fourなどその中でもさらにグレードが分かれています。概ねの新車価格については300万円~650万円程度になります。中古車であれば3年落ち、5年落ちならお手頃な価格帯になりますし、10年落ちレベルになると走行距離によっては100万円台を切って販売されているケースもあります。

 

クラウン購入の年収・給料目安

 

中古車・年式別の年収についても言及していますが、主に新車を基準に判定結果を出しています。なお、最新情報を頻繁に更新していますので、若干数値が変更になる可能性があります。

 

概ねの新車価格帯をトータル的に分析して平均的なグレードで考えるとクラウンの値段は450万円程度になります。今回はその金額を元に算出していきたいと思います。

 

見栄っ張り層

 

年収200万円~年収900万円未満

 

クラウンは10代の鳶職人、土方、建築業者の方に人気のある車種になります。未成年の18歳、19歳。20歳、21歳、22歳、23歳、24歳くらいの比較的に若い世代に支持されているのが印象的ではありますね。中卒、高卒でクラウンマジェスタ、クラウンアスリートのオーナーになっている人も結構多いですね。ヤンキー車として活用されている方もいます。もちろん、学歴に優れているエリート層においても支持されているのですが、他の車種に比べるとガテン系・肉体労働系に好まれている印象が強いですね。

 

20代で見事所有している方が高収入か?と言えば違います。ほとんどの場合は3年~5年程度のローンをしているパターン、親からお金を借りているパターンの2種類が多いですね。年収200万円、年収300万円、年収400万円程度の相当無理をされている人もたくさんいて、毎月の借金地獄に苦しむパターンも・・・。体験談・口コミサイトなどをチェックすると「外食ができない」、「友達との飲み会に参加できない」、「自己破産したい・・・」などネガティブな意見が目立ちます。

 

実際に年収200万円~年収500万円程度の収入層で現行新車を買うのは結構な覚悟が必要になります。どうしても欲しい場合は妥協をして年式の少し古い中古車で検討をするなど対策が必要になりますね。特に既婚者の場合ですと子育てに大きな負担になることも・・・。

 

正直な話をすると日本の平均年収を大きく上回っている年収600万円、年収700万円、年収800万円の層においても負担は重い。

 

射程圏内層

 

年収900万円~年収1200万円未満

 

マンション・アパートの賃料、交際費などが特別大きな割合を占めなければ年収900万円以上で無理なくクラウンを購入することができます。

 

射程圏内層の場合ですと東証一部上場企業に勤めている大卒エリート層など高学歴のサラリーマンが多いのがポイントになります。年齢層においては30代前半~40代、50代、60代、70代などですね。なお、年収1000万円でクラウンを購入する場合ですと一括払いを選択する人の割合がかなりを占めるのではないか?と推測することができます。カーローンを組むとしても1年~2年程度の短いスパンですね。

 

節約家層

 

年収1200万円以上

 

簡単に言えば平均月収100万円以上の給料・給与があれば余裕を持って手に入れることができるよ!ということです。こちらについてはボーナス・賞与を含んでも問題はありません。しかし、このレベルの収入層になるとマイホームも4000万円~5000万円程度の高額物件を選ぶことになると思いますので、一戸建て・マンションを買う予定がある場合は住宅ローン支払い額によっては生活が圧迫する可能性がありますので、ライフスタイルに合わせてよく検討することをおすすめします。

 

クラウンの年間維持費ってどのくらい?

 

30万円~80万円(推測)

 

ハイオクにするのか?レギュラーにするのか?などによってもガソリン代は違いますし、車検・自賠責・任意保険によっても変わってきますので、正直言って一概には言えないのが現状になります。但し、燃費が悪いグレードが多いですし、自動車税も軽に比べて高いので全体的な相場としてはそれなりの金額になることが多いでしょう。毎月どのくらい車につぎ込むことができるか?という点も重要になってくるでしょう。

 

クラウンに乗る人の職業・年齢層

 

年齢層としては18歳、19歳、20代前半で初めての車購入で選ばれている体験談口コミが結構ありますね。意外と20代中盤・後半、30代よりも話事体は頻繁に聞きます。しかし、やはり価格帯も高額になりますので、何だかんだ言っても40代、50代、60代、70代の中高年がオーナー割合の大きなパーセンテージを占めていることは間違えないでしょう。

 

主な職業一覧

 

  • 経営者の社用車
  • 定年退職後
  • エリートサラリーマン
  • 車好きのトヨタファン
  • 鳶職・建築業の社員又は個人事業主(フリーランス)
  • 無職・ニート

 

元ヤンキーの場合ですと無職・ニートという事例もあります。無収入でどのようにして手に入れることに成功したか?は不明ですが、実際に働いていない人でもまあまあいますね。但し、少々10代・20代で所持すると目立ちますので、たくさんいると思われていますが、オーナー全体で考えると極少数はです。実際にはそれなりの社会的地位・収入を得ている方が購入されています。未だにクラウンのブランド力は衰えませんね!マジェスタ、アスリート、ロイヤル・・・いずれもカッコいいですからね!