ポルシェ購入の年収・年齢層

MENU

ポルシェ購入の年収・年齢層まとめ

ドイツの高級スポーツカーとして世界的にも知名度があると言えばPorsche(ポルシェ)ですね。歴史も古く、格式にも優れていますので長年のロングセラーになっています。今回紹介するのはポルシェ購入(オーナー)の平均年収・年齢層、さらには職業や特徴まとめになります。自分に収入に見合っている車なのか?購入することで生活環境が悪化しないか?など年間維持費に関することも触れていますので、どうぞ年収と身分相応を確認したい方は最後までチェックしてくださいませ。(まあ、収入を気にしないで欲しいなら買えばOKだと思いますが!あくまで参考にしてくださいませ。)

 

ポルシェ人気車種一覧

 

  • マカン
  • カイエン
  • 911
  • ケイマン
  • パナメーラ
  • ボクスター
  • カブリオレ

 

お手頃価格で選ぶのであればマカン、ケイマン、718ボクスターがおすすめです。カブリオレなどを新車で購入するのはよほどお仕事を頑張らないと難しいですね。普通の会社勤めで買うなら生活の中心にするぐらいの熱い気持ちがないと厳しいですね。ポルシェオーナーへの道はイバラです。

 

ポルシェ購入の年収・給料目安

 

中古車・年式別の年収についても言及していますが、主に新車を基準に判定結果を出しています。なお、最新情報を頻繁に更新していますので、若干数値が変更になる可能性があります。今回は人気のあるグレードであるカイエン(GTS ティプトロニックS 4WD AT)の新車価格約1500万円を想定して算出することにしました。年式が古いケースや他のグレードですと結構違ってきますが、1つに絞らないと掲載しにくいのでその点についてはご了承してくださいませ。

 

見栄っ張り層

 

年収1000万円~年収3499万円

 

中古で10年落ちとかであれば年収300万円とか年収400万円で購入することはできますが、維持費を考えると5年落ち・10年落ちでも最低年収700万円~800万円は欲しいところではありますね。新車の場合ですと年収1000万円以上無ければそもそも購入すら検討できないと思います。毎年100万円×10年間など地道に貯金をしている方であれば月額給料が100万円~150万円くらいでも購入することは可能ですが、フルローンですと金利などで生活が圧迫する可能性がありますので、注意が必要になります。どうしても欲しいのであれば大幅に全体的な生活レベルを低く設定するなど工夫が必要になります。

 

射程圏内層

 

年収3500万円~年収7999万円

 

年収5000万円あっても手取りで考えると月額給料は250万円程度ですので、家賃50万円の高級タワーマンションに住んでいたり、高級レストラン・クラブ飲食代などにお金を掛けている場合ですとポルシェ維持費の負担が生活に地味ではありますが、響く可能性があります。まあ、それほど無理なく購入できる最低ラインが年収3500万円~4000万円以上になります。

 

節約家層

 

年収8000万円以上

 

このレベルですとそもそも該当する人が少ないので大体の人は「見栄っ張り層」と「射程圏内層」の方が買っています。それほど無駄遣いをされていないのであれば毎月ガッツリと貯金をすることができ、一括払いもそれほど難しくはないでしょう。

 

ポルシェの年間維持費ってどのくらい?

 

年間120万円~180万円(推測)

 

上記が地方エリアを想定しますが、富裕層が都心に集中していることを考えると駐車場料金の問題で上記よりプラスで30万円~50万円程度高くなる可能性があります。一戸建てであれば敷地内なら無料ですが、マンション住まいですと分譲でも月極料金がかかるのが一般的です。

 

ポルシェに乗る人の職業・年齢層

 

主な職業一覧

 

経営者、スポーツ選手、お笑い芸人、歌手、タレント

 

サラリーマンの場合ですと外資系企業など特別な職種でなければ無理なく乗るのは難しいでしょう。経営者以外で考えると自営業などが多いですね。

 

年齢層の割合・比率

 

40代~50代

 

20代~30代で若くして成功したIT起業家で所持されているケースもあります。20代で乗れるほどの高収入を得るのは至難の業ですが過去には元ライブドア社長のホリエモンも乗っていたとの情報もあります。他にもプロ野球選手や芸能人の場合ですと20代前半~後半でも実力があれば1億円オーバーの年間収入を得ることも可能ですので、成功者でポルシェを選択されている方もいるみたいです。