フーガ購入の年収・年齢層

MENU

日産フーガ購入の年収・年齢層まとめ

日産自動車が誇るプレミアムセダンであるフーガは優雅の乗車が期待できるまさにVIPカーです。国産である安心感や信頼性などを含めて日本人に愛されている自動車の1つになります。さて、今回紹介するのはフーガ購入者(オーナー)の年収・年齢層をまとめているコーナーになります。現在の給料・収入でフーガを所持することは可能なのか?購入時点の問題だけではなく年間維持費などトータル的な部分に触れていますので、生活の圧迫は貯金状況など賢い選択をしたい方は必見の内容になっています。

 

人気グレード一覧(2015年12月~)

 

  • 2.5 250GT AT
  • 2.5 250VIP AT
  • 3.7 370VIP AT
  • 3.7 370GT タイプS AT
  • 3.7 370GT タイプS クール エクスクルーシブ AT

 

定員数は基本5人になりますので、ファミリーカーとして使用するのであれば夫、妻、子供2名~3名程度になります。子供が幼年期の頃は問題ないのですが、体育会系の男子で体格が良くなると3名だとちょっと狭いと感じるかもしれないですね。新車価格帯についてはグレードによっても異なりますが、概ね500万円~620万円と考えておくといいでしょう。中古ですと年式や走行距離などによっても大きく違いますが、200万~300万円台で購入されている方が多いのが印象的ではありますね。

 

フーガ購入の年収・給料目安

 

中古車・年式別の年収についても言及していますが、主に新車を基準に判定結果を出しています。なお、最新情報を頻繁に更新していますので、若干数値が変更になる可能性があります。日産フーガ年収の基準についてザックリまとめてみました。今回は新車価格では最低レベルの500万円で算出させて頂きました。

 

見栄っ張り層

 

年収400万円~年収999万円

 

年収200万円~年収300万円台でフーガを所持されている方もいると思いますが、それは恐らく新車ではなく3年落ち~5年落ちでなおかつ走行距離をかなり走っている条件の悪いタイプであることがほとんどだと思います。生活スタイルによって違いますが現実的に考えて、年収400万円は最低でも欲しいところではありますね。

 

また、単刀直入に言えば年収1000万円未満の方がフーガを購入することは可能ですが、他の生活レベルを下げたり・毎月の貯蓄額を減らすなど主に”削減”が必要になる可能性がありますので、注意が必要になります。特にこれまでに燃費重視の軽自動車などに乗っていた方は維持費なども結構変わってきますので、不安定な生活にならないように所持したケースを想定して予め確認しておくことをおすすめします。

 

射程圏内層

 

年収1000万円~年収1499万円

 

上記程度の収入レベルであれば圧迫せずに気軽に買うことが可能です。但し、注意が必要なのは毎月の支出が多い方の場合です。

 

例えば大きな比率を占めると言われているのが家賃です。フーガを購入するのであれば家賃15万円以下には抑えたいところではありますね。他にもブランド品が好きな人、毎月の交際費が多い人などは注意が必要になります。月収100万円以上あっても苦しむことになるかもしれないです。

 

節約家層

 

年収1500万円以上

 

ゆとりをもって買いたいのであれば年収1500万円以上、できれば1800万円~2000万円くらいあると安心ですね。但し、実際には車はステータスの1つになりますので、見栄や固定観念で判断基準に誤ってしまう場合が特に20代前半~30代後半の年齢層の場合ですと結構あるみたいですね。「どうしても欲しい!今買わないと後悔する!」くらいの情熱があれば別ですが、「コレに乗ればVIPに見られるのでは?」と軽はずみに考えているのであればもう一度自分の収入と照らし合わせてみてはいかがでしょうか?特別な感情が無いのであれば年収1500万円以上を基準に考えることを推奨します。

 

フーガの年間維持費ってどのくらい?

 

40万円~100万円(推測)

 

任意保険料を複数社見積請求をして、本当に必要な保険に厳選をするなど工夫をすれば年間維持費をトータル的に抑えることが可能です。あと、大きいのは駐車場の問題になります。車体サイズは特別大きい訳ではないので、通常サイズの駐車場でOKだとは思いますが、都心部の場合ですと3~5万円程度月極料金でかかることもあります。その場合ですと上記の推測に比べて2~3倍程度に跳ね上がることもありますので注意してくださいませ。

 

フーガに乗る人の職業・年齢層

 

主な職業一覧

 

中小企業社長、自営業、高収入サラリーマン

 

普通のサラリーマンでも課長~部長の幹部クラスに人気がありますね。また、セダンですので社用車として利用される場面も多数あります。若手の場合ですと高学歴で一流企業に勤めている方が乗っている傾向がありますね。信頼性が高ければ若くても車ローン審査に通りやすいですからね。

 

年齢層の割合・比率

 

50代~60代

 

結構渋さが評価されている車ですので、中高年に人気があります。40歳前後の年齢層だとちょっと若いイメージがありますね。

 

もちろん、20代・30代で乗っている人もいますが、割合的には少数ではないか?と思われます。まあ、日産フーガに20代で「節約層」に該当していればスゴイですよね!