ベンツ購入の年収・年齢層

MENU

ベンツ購入の年収・年齢層まとめ

超高級外車の代名詞とも言えるのがメルセデス・ベンツです。社長や役員などの経営者が社用自動車として利用されているイメージを持っている方もいると思います。ベンツに乗っている人(オーナー)の年収(給料)や年齢層・職業などを細かくまとめていますので、購入を検討されている方は1つの参考にしてみてくださいませ。なお、メルセデス・ベンツはSクラス、Aクラス、Bクラス、CLA、Cクラス、CLクラス、Eクラスなど様々な車種があります。

 

特に高級車と言われているのがベンツSクラスやSLクラスです。アウトドアが好きな方であればGLクラス、GLAクラス、Gクラスなども富裕層の間で人気がありますね。ただ全体的な購入者が多い車種については下記の通りになります。

 

  • Cクラス(新車価格400~850万円)
  • Aクラス(新車価格300~550万円)
  • Eクラス(新車価格600万円~1000万円)
  • CLAクラス(新車価格350~600万円)
  • Sクラス(新車価格1000~2500万円)

 

ベンツ購入の年収・給料目安

 

中古車・年式別の年収についても言及していますが、主に新車を基準に判定結果を出しています。なお、最新情報を頻繁に更新していますので、若干数値が変更になる可能性があります。

 

今回、購入対象にするのはベンツSクラスです。想定購入価格は低めの1000万円に設定しました。

 

Eクラス、Cクラス、Aクラスの場合とは違いが出ます。

 

見栄っ張り層

 

年収600万円~年収1499万円

 

年収600万円未満の場合ですと正直言ってかなりキツイです。但し、「どうしても欲しい。生活の全てをベンツに捧げるんだぁぁ!!!」というのであれば年収200万円、300万円、400万円、500万円程度でも貯金や工夫次第では可能だと思います。

 

「お金持ち・セレブだと思われたい。」

 

「高品質な人間だと思われたい」

 

「女性にモテたい」

 

というような安易な他人の評価を重要視する気持ちだと後々後悔する可能性が高いのでよくよく考えた方がいいでしょう。生活は非常に圧迫しますし、車ローンの審査に落ちる可能性は非常に高いでしょう。

 

一見すると年収1000万円オーバーと言えば富裕層の位置する感覚を持っている方もいるみたいですが、正直な話を言えばそのクラスでもベンツの格式・料金を考えると見栄っ張りゾーンになります。

 

例えば年収1000万円の1ヶ月辺りの手取り金額はボーナスを考えると月収50万円程度です。

 

高収入になりますが、その分生活レベルも高いと推測することができます。

 

家賃:15万円
食費・その他生活費:10万円
交際費:20万円
合計支出:45万円

 

また、頭金100万円で残りをローンで買うとすれば5年ローンで月々15万円以上の支出が必要になります。どう考えてもキツイのは目に見えているでしょう。

 

射程圏内層

 

年収1500万円~4999万円

 

正直な話をすれば年収2000万円くらいまでは金銭的に無理をしている感覚はありますが、10年以上年収1500万円をキープしている方であれば決して高嶺の花ではなく、購入検討対象に加えることができるレベルだと思います。ただ、それでも一括払いではなく、車ローンを積極的に組むという選択をする方が多いみたいですね。もちろん、低金利という理由もありますが。

 

節約家層

 

年収5000万円以上

 

このクラスの高給料・高収入の方であれば無理なく、普通に買えますね。自動車の重きを置いていない方も場合ですと継続して3年以上年収5000万円超えをキープしていると尚ゆとりを持つことができると思います。

 

ベンツの年間維持費ってどのくらい?

 

年間100~200万円(推測)

 

大きさによっては特別仕様の駐車場を借りる必要があるなど条件によって違いがあります。都内一等地のマンションの場合ですと駐車場料金だけで5万円(年間60万円)以上になることもありますからね。

 

また、パーツが輸入品ですので、壊れたり修理をするとまとまったお金が必要になりますので、そのリスクを考えると普通のサラリーマン・会社員の収入ではキツイですね。昔に比べると向上していますが、燃費も決してよくはないのでベンツ所持の維持費は覚悟するべきでしょう。

 

ベンツに乗る人の職業・年齢層

 

主な職業一覧

 

  • 医者
  • 弁護士
  • 経営者
  • 自営業(個人事業主・フリーランス)
  • 高学歴エリートサラリーマン

 

世間一般的に「勝ち組」・「成功者」と呼ばれている方で乗っている方が多いみたいです。また、意外なことに月収25万円~35万円程度の土木・建築関連の仕事をしている若い世代でベンツを選択する例もたくさんあります。20歳、21歳、22歳くらいですと正直言ってローンは難しいので、親のお金を借りるパターンや15歳くらいから働いていて毎月コツコツ貯金をしているパターンが多いようです。

 

年齢層の割合・比率

 

全体的に40代、50代、60代、70代と年齢層は高めになります。20代・30代前半くらいまでは少ないです。

 

理由はシンプルで高額な給料・収入を得ているのが高齢者だからです。例えば不動産事業の経営者の平均年齢は60歳以上であるという調査がそれを物語っていると思います。ベンツ購入者は40代だと若い部類に入ると思います。

 

但し、IT(インターネット)起業家の場合だとこれまでの積み重ねや若いから不利ということはないので30代前半~中盤くらいで手に入れている方は結構多いです。また、少数派ではありますが22歳~25歳くらいの大学生・大学院生くらいの年齢層でも所持することは可能です。

 

全体的に年齢が上がれば年収基準が高くなる傾向があります。20代・30代の若い人の場合ですと多少無理をする体験談口コミが多いですね。