車の「下取り」と「買取」の違いを比較

MENU

車の「下取り」と「買取」の違いを比較!どっちが高く売れるの?

車を買い替えする時期になると悩むのが「下取り」か「買取」になります。一般的に節約やレンタカーに切り替えるため完全に車を手放す場合であれば「車買取査定」をするのが一般的ではありますが、

 

乗り換えをする場合ですと2つの選択肢の中から選ぶことになります。それぞれの特徴やメリット・デメリットについて徹底解説していきたいと思います。さらには車下取り・買取査定の違いを徹底比較していきたいと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

そもそも「下取り」と「買取」は何がどう違うの?教えて!

 

まず言葉の意味が分からない方もいると思いますので、初心者入門向けに説明していきたいと思います。中古車を売る時によく使われる言葉ですのでシッカリと覚えておきましょう。

 

「下取り」とは?

 

新車及び中古車を購入する販売店に現在乗っている車を引き取ってもらうことです。購入する代金から売却金額を差し引いて買換えをするのが特徴的になります。

 

分かりやすく説明すると購入する店と売却する店が一緒のケースを「下取り」と言います

 

「買取」とは?

 

購入の有無は関係なく、車を売却することを「買取」と言います。例えば・・・

 

  1. 車売却→新しい車は買わない
  2. 車売却→売った買取専門店とは別の業者から新しい車購入

 

シンプルに”車を売る”ことを重点的にしているのが特徴的になります。

 

「A社に売ったけど、A社で乗り換える車を購入する気はないよ~」というスタンスであると言えば分かりやすいと思います。

 

近年人気の車売却方法になります。

 

車下取りのメリット・デメリットを教えて!

 

ネットの車一括査定サイトなどが出現する前までは主流となっていた車売却方法になります。近年では利用される方が少なくなっていますが、何が利点なのか?何がダメなのか?総括していきたいと思います。

 

メリット

 

  • 手間が少なく、手続きがスムーズ
  • 次に購入する車の値引き交渉材料になる
  • 販売店との信頼関係が生まれやすい

 

「売却」→「購入」の流れを同じディーラー・販売店で行いますので、「比較」することが面倒な場合や買換えに「時間」を掛けたくない方にとっては効率的に手続きを進めることができるのが車下取りの最大の魅力だと思います。

 

富裕層を中心に「時間はお金だ!」と考えている方は結構いると思います。確かに複数社へガッツリ車査定をするには2時間程度は掛かりますので、時給100万円以上稼いでいる方であれば下取りの方がお得になりそうですね。

 

時給20万円~30万円程度であれば際どいラインでしょう。まあ、そんなに稼いでいる方は極一部になりますので、99.9%以上の人にとってはこの理屈に耳を傾ける必要性は無いでしょう・・・。

 

本音を言えば手間を省くことができる以外についてはそれほど直接的なメリットはありません。車購入の値引きをしてもらえやすいのは間違えないのですが、後ほどのデメリットを見れば分かりますが、大した期待を持つことはできません。

 

但し、損をする覚悟で知り合い、友人、昔からの付き合いを大切にするのであれば同じ販売店で「売る」・「買う」の下取りを長年継続するのもアリだと思います。相手にとっては毎回利用してくれますので、嬉しい顧客です。サービス精神やサポート体制にも力が入りますからね。下取り愛好家の方の中にはそこに利点を感じている方は結構多いはずです。

 

デメリット

 

  • 1社査定が基本になるので、比較できない
  • 査定金額が低い傾向がある
  • 装備品・パーツ関係がプラス査定になりにくい
  • 走行距離・年式によっては無料下取りのケースも

 

やはり一番の損失は査定金額が低くなることでしょう。

 

多くの方にとって1万円でも高く売ることは重要課題になると思いますので、売却金額を気にする方の全てにおいて下取りはデメリットであると言えます。

 

実際に様々なサービスが「下取り査定」と「買取査定」の金額を検証されていますが、数万円程度~30万円くらい「買取査定」の方が差額として高く売れていることが分かります。また、下取りの場合ですと走行距離が10キロを超えていたり、年式が10年以上、15年以上と古い場合には無料(値段が付かない)で引き取れてしまうケースがありますので、注意が必要になります。実はそれは当たり前ではなく、「買取査定」であれば数万円~10万円台くらいで売れるケースも結構ありますので、注意しましょう。

 

車買取のメリット・デメリットを教えて!

 

メリット

 

  • 高額査定になりやすい
  • 複数社で比較できる
  • 人気装備であれば買取価格に反映されやすい
  • 輸入車(外車)でも高い売れやすい
  • スペックが悪くても価格が付きやすい

 

シンプルに少しでも高く売りたい方は「買取査定」が圧倒的におすすめです。例えば30万円で売った後に本当は50万円で売ることが可能だった事実を知るとショックだし、後悔する方は結構多いと思います。

 

買取査定ではそうならないためにも徹底的に複数社の提示価格を比較することができますので、後になっても納得した価格で売りやすいと言えます。

 

デメリット

 

  • 時間が掛かる
  • 自分で買取業者を探す必要がある
  • 乗り換えのタイミングを合わせにくい

 

乗り換えをする場合ですと下取りに比べるとハッキリ言って面倒です。売る場所と買う場所が違う訳なので手間が掛かります。

 

但し、買取業者を探すのはネットで車一括査定サイトで申込をすればいいだけですので、わざわざ足を運ぶ必要はありませんし、売却後の納車時期の調整についても台車サービスなどもありますので、実はそれほど不便ではありません。

 

上記で挙げているデメリットはそれほど売却する方にとって大きなマイナス要因ではないはずです。

 

車下取りVS車買取を徹底比較まとめ

 

  • 高額査定部門→買取
  • 納得部門→買取
  • 利便性部門→下取り

総合部門→買取

 

最終的な結論を言えば車買取査定の方が圧倒的にお得でメリットがあります。ん~下取りを選ぶ方の気持ちが正直私には分かりません。

 

確かに付き合いとかも大切かもしれないのですが、数十万円レベルで損失する可能性があることを考慮すると選択肢としてカスリもしないです。

 

シンプルに「お得度」で考えるなら圧倒的に車買取です。